通学時に防犯グッズを携帯するメリット

通学 防犯

近年、通学時に防犯グッズを持たせるのは当たり前の世の中になってきています。それでは、子どもたちに持たせる防犯グッズには、どのようなものを選べばいいのでしょうか?現在、多くの子どもたちが持ち歩いている防犯ブザーには、持っているというだけで防犯になるというメリットがありおすすめです。また、防犯ブザーは、使い方が簡単でなおかつ気軽に付けられます。防犯ブザーは、かなり音量になるので持たせるだけで、親は安心出来ておすすめです。また、防犯グッズの中には、キッズ携帯や、GPS機能をもったグッズもあります。これらのグッズのメリットは、なんといっても子どもの位置情報が正確に確認できるというメリットがあります。キッズ携帯を持たせるだけでいざというときに連絡が取れるので安心です。

通学時に持たせるといい防犯グッズのメリットをお教えします

子どもの通学時の防犯グッズで代表的なものの一つに防犯ブザーがあります。防犯ブザーを選ぶ時は、音の大きさが100デシベル以上のものであること、簡単に警報を止められないことや防水仕様であることを、必ず確認する必要があります。最近は、GPSの機能がついたものも登場していてとても便利です。キッズ携帯は持っているだけで位置確認できるほか、電話やメールが特定の相手のみとできるようになっていて、必要の無い時に使い過ぎることが無いよう考慮してあります。これらのキッズ携帯にはブザーがついているものもあり、防犯についてよく考えられています。この他にもGPSウォッチというのもあります。GPSウォッチは、腕に付けて使い、防犯ブザーを鳴らすと親にメールが送られるようになっています。また、迷子防止機能もついていて多機能で便利です。

通学時の防犯対策のポイントをお教えします

近年当たり前になってきている通学時の防犯対策ですが、防犯グッズを持っていれば安心という訳にもいかないので注意が必要です。まず、子ども達自身の防犯についての意識を高める必要もあります。それができて、初めて防犯グッズも役に立つというものです。子どもたちには、できるだけたくさんの友人と登下校するとか、知らない人についていかないとか、危険を感じたら大きな声を出し走って逃げるとかを繰り返し言って聞かせましょう。これらの点は当たり前のことですが、何度も子どもに話して守らせることです。さらに、子どもと通学路を一緒に歩き、危険な場所や意識しなければならないことを確認することをおすすめします。同時に安全なところも確認するといいです。決められた通学路を守り、寄り道しないということも重要です。