注意するべき通学時の防犯グッズ活用におけるルール

通学 防犯

通学に活躍している防犯防止グッズは数えきれないほどたくさん販売されています。いつも通っている通学路でさえも危険なことはたくさん潜んでいたり、複数人で通学していても犯罪に巻き込まれることも多々あります。中には防犯グッズを持ち歩いている人も少なくないです。最近の防犯グッズは紐を引っ張ると大きな音が出る防犯ブザーやGPS付き防犯グッズなどシンプルで使いやすく子どもでも簡単に使用できる物が多く販売されています。グッズを使用する際に注意しなければならいこともあります。人が少ない場所等で使用し気づかれない事や電池が入っていないのに持ち歩いていたり、ふざけて何もないのにむやみにブザーを鳴らしてしまうなどグッズを使用するには気を付けておかなければならない点やルールがたくさんあります。

誰でも簡単に使用できる防犯グッズ

防犯グッズにもいろんな種類があってどれを選んで、どれがいいのか悩んでしまうこともあります。小さいお子さんから大人の方まで簡単に使用できる防犯グッズは紐を引くタイプやボタンを押すタイプの防犯ブザーです。基本的に防犯ブザーは鞄やランドセルに引っかけてぶら下げるだけのキーホルダータイプになります。使用する際にも、注意するべき通学時の防犯グッズ活用におけるルールもあります。きちんと電池が入っているのか、紐を引くだけのタイプで簡単ですが、紐を何かに引っかけてしまったりボタンを押してしまうなどブザーの音は大きい為、どのようになると音が出るのか、いざ使用しようと思っていても壊れていたなどがないように、事前に破損していないか使用時はどうすればいいかなどを把握しておくことも大切なことです。

防犯グッズ以外での身近な防犯対策

防犯を防ぐためにグッズを使用することも1つの手ではありますが、それ以外での対策方法は身近にたくさんあります。通いなれている通学路でもすぐに駆け込めるような家や場所を確認しておくことです。人通りの多い場所を通学路にする事もありますが、時間帯によっては人通りが少なかったり街頭が少なく暗いなどもあります。そんな為にもすぐに駆け込める場所を確保しておくことであったり、地域のコミュニケーション、声かけを大事にすることです。各地域ではパトロールしている地域やパトロール隊の方々もいらっしゃいます。不審者情報や時間帯のパトロールを強化してほしいなど、何かあれば情報を共有することでコミュニケーションや情報共有したことによってパトロールの強化であったり、防犯グッズ使用する前にほんの些細なことから防犯を未然に防ぐこともできます。