喪中はがきの印刷料金を割安にするコツ

喪中はがきを印刷する場合、料金が心配になることがあります。自宅にプリンターがある場合は、自分で作成した方が安価になるのではと考えるでしょう。喪中欠礼用のはがきを揃えるのは大変な場合がありますし、図案を探したりするのは手間がかかる場合があります。喪中の知らせは年賀状のように毎年相手に出すわけではないため、どのような文面にしたらよいか困ってしまうこともあるでしょう。作成に労力がかかってしまうと、間に合わないケースも考えられます。 年賀状はがきを受け付けている業者サイトでは、喪中関連のはがきのプリントも受け付けていることがあります。料金についても配慮されていることがあるので、作成に時間を取れない方は利用を検討してみるといいのでしょう。

喪中欠礼で割安に利用できるサービス

業者サイトでは、店舗から依頼するよりも安価な料金で喪中はがきを依頼出来る所が多いです。業者によっても違いますが、店舗での発注と兼ねている場合は他の発注方法よりも4割程度差し引かれていることがあります。また、違う種類のデザインを2件以上依頼した場合にも割引が適用されることがありますので、家族ごとに違うデザインを選んだり、仕事用と個人用に文面やデザインを違う物にしたりする場合は、お得に印刷できることもあるでしょう。 自宅まで完成したはがきを送ってもらう場合は送料がかかります。枚数が少ない場合は、宅配便を選ぶよりもメール便で送付依頼した方が送料が軽減できる場合があります。直接店舗に取りに行くのであれば、送料自体かかることはありません。ほとんどのサイトでは、サイトから見積料金を確認することが可能ですので利用して比較するといいでしょう。

オプションで利用できるサービス

喪中はがきを印刷するのに、オプションサービスを利用できることがあります。別料金はかかりますが、忙しい方やマナーに適った喪中の挨拶状を出したい方には有用なサービスでしょう。はがきの文面を自分で考えた場合には、作成スタッフによる校正確認をするサービスが用意されている所があります。相手に失礼のない手紙を出せるでしょう。喪中欠礼の文面を薄墨色でプリントできる会社もあります。 宛名を自分で書くのが大変な場合は、表計算ソフトや年賀状ソフトで作った相手先の住所録のデータを業者側に送付して宛名のプリントを依頼することも可能な場合があります。但し、宛名サービスは受付をしていない業者もありますし、受付可能な締め切り日が比較的早いことがあるので注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加