喪中はがきの印刷する注意点としての納期の把握の必要性

喪中はがきを印刷業者に依頼した場合にはどんなことに注意するべきでしょうか。もっとも大切なのは納期を把握することです。毎年、送っている新年の挨拶を行う年賀状に代わって、それを送付することで喪に服していることを相手に伝える慣習の一つとなります。 それを送付するのは一親等、生計を共にしている二親等が亡くなった場合に送付するのが一般的ですが、他にも故人を追悼したい場合には範囲に拘らず送付することも可能です。喪に服している状態であれば11月の時点で作成をしておくことがポイントです。またデザインからあて名書き、切手貼りなどの作業をオプションで行って貰うとそれだけ時間がかかるケースもあります。

ネットでの専門業者に依頼した場合はスムーズ

喪中はがきを印刷する上では、ネットの専門業者がおすすめです。比較的に納期が早く、スムーズに作成を行ってもらうことができます。ネット上ではデザインのカタログが用意されています。個人用・ビジネス用など種類も豊富に揃っているため、そのカタログからデザインを選んで決めることができます。そして後は文面を決めるだけで、それについても豊富な文面の例が参考として掲載されるため、それを選択するだけで良く簡単にデザインから文面が決まります。その他にも、あて名書きや切手貼りなども代行して行って貰うサービスを利用できる場合もありますので、忙しい年末年始にもスムーズに期日までに届けもらうことができます。 注文から1週間以内には届くのが一般的で、オプションなどを代行して貰わなければ2~3日程度で届くこともあります。ネットからの注文だと簡単操作で注文を行うことができるため、スムーズに作成したい場合はネットを活用することは優れています。

年末に不幸があった場合の対処法

人間が亡くなるのは、自然的なもので期日を指定することは出来ず、いつ亡くなるかは予期せぬことです。そのため、年賀状の書き終わった時期に亡くなるケースもあります。その時期に亡くなるということは年末の慌ただしい時期のため、喪中はがきの印刷もネットを活用すれば短縮できるとは言え、納期の兼ね合いから慌ただしさなどで作成できないケースも起こります。 そういった場合でも慌てる必要はありません。年賀状が来なくて心配された相手方も年末に不幸があったことを理解してくれますので、今まで通り親交を維持することも可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加