喪中はがきを失礼のないように印刷して送付するには

喪中はがきは1年のうちに身内で亡くなった方がいた場合に送付するはがきです。同時に翌年のお正月の挨拶状を控えることを通知する手紙でもあります。本来は涙で字が薄くなったことを表すために、薄墨を使って自筆で書くのがマナーですが、現代では多くのはがきを自分で書くのは難しいでしょう。業者に頼んだり、パソコン等を使って自作したりして印刷する方が多くなっています。
はがきを出す時期は11月上旬頃から12月上旬までに投函するといいとされています。早期に頼めば混み合うことなく、早めに準備することもできます。やり取りをしている方が念頭の挨拶状を用意する前に到着するのが望ましいと言われています。親族が亡くなった時期が12月以降の場合は、喪中はがきを投函するのが難しいので、お正月を過ぎた後に寒中見舞いなどで対応することになるでしょう。

業者に依頼して作成する方法とは

業者に頼むには、スーパーやコンビニ等から用意されているテンプレートを選んで依頼をすると、自分で作成しなくても簡単にできます。しかし、サービスサイトを開設している印刷業者を利用すると独自の文面を考えることもできますし、オプションで校正するサービスを行っている場合があり失礼のないはがきを作成できるでしょう。
インターネットから頼む場合は、サイト上の作成画面を使って背景やイラストと文章を自由に組み合わせることができます。テンプレートだけでなく、自分でデザインしたイラストや文章を入稿できる所もあります。出来上がった書面は画面から確認でき、出来映えを見たり修正したりすることも可能です。字を薄墨色にできるように配慮している会社も多く、マナーに適ったはがきを作成できるでしょう。
宛名面については、表計算ソフトで住所録を作って業者に送信すると印刷できるサービスを利用できる会社が多いです。忙しい方でも利用しやすいでしょう。

新年の挨拶状が届いた場合はどうするか

喪中はがきを投函しても何らかの行き違いがあり、新年の挨拶状が送られてくる場合があります。また、親族が亡くなった時期が12月中旬~末頃の場合は、知らせが出せませんので相手に伝わっていないことがあります。
その場合は松の内を過ぎた1月8日以降に着くように寒中見舞いのはがきを出します。新年を迎えたばかりのことを考慮して長々しく病状などを記すことは避け、親族が亡くなったことを手短に告げて近況報告を記載しましょう。相手や家族の健康を祈り、変わりないお付き合いを願う内容にするのがおすすめです。
喪中欠礼の作成を扱う業者は、寒中見舞いの作成も受け付けていることがありますので、同様に依頼するといいでしょう。寒中見舞いは2月3日頃の節分までに出すのがマナーです。早めに注文依頼をしましょう。

平安堂の喪中はがき印刷は枚数が多いほどお得になります。 全国どこでも送料1律315円キャンペーンを只今開催しております!!ご注文お早めにどうぞ! 最短で受付から3日後でお渡しできます!! 今年は高品質、低価格の喪中はがきをいかがですか。 幅広いラインナップの中から必ず見つかる納得のデザイン、あなたの心が伝わる喪中はがきの印刷を簡単ネット注文で承っております。 喪中はがきの印刷依頼は幅広いデザインを持つお得な平安堂へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加