最新の通学時における防犯グッズ一覧

通学 防犯

子供の通学中、何かしら起こる事を想定して、あらかじめ防犯対策しておく事をお薦めします。子供にもしも何かあった時に少しでも助けになる可能性があるからです。しかしながら、防犯対策グッズを子供に持たしておけば安心するのではなく、子供が実際に防犯グッズを使いこなせなければ効果はありません。子供にちゃんとした使い方を教えておく必要があります。通学時の防犯対策グッズとして、人気が高いのが防犯ブザーです。持たせるだけではなく、使いやすい位置に取り付ける事、正しい使い方を説明してあげましょう。子供自身でも使い方を理解出来ているのか実際に使用してみて、確認しましょう。大きい音が出るのが楽しいので、子供同士で遊んでしまわないように、親がキチンと説明して注意しておくようにしましょう。

子供にも防犯対策を指導しておこう

通学時の登校・下校の子供の安全を守る為に、防犯対策グッズを持たせてあげる事も有効的な手段になります。ランドセルやカバンに手軽に付けられる防犯ブザーは1番の人気があります。大人から見ると簡単に操作出来るように思えますが、小さい子供にとっては操作が難しく感じる事もあります。大人目線で考えるのではなく、子供目線になって操作の方法を理解するようにしましょう。防犯ブザーを使わなければならない場面に遭遇しない事が理想ですが、万が一遭遇してしまった場合に正しい使い方が出来るように、子供と一緒に練習しておく事をお薦めします。ただ、子供に持たせているのではなく定期的にメンテナンスを兼ねて、音がキチンと鳴るのかどうか、万が一の電池切れなどの不具合がないのかどうかも一緒に確認しておきましょう。

子供の成長にあった防犯対策をしよう

子供の通学時に持たせておくと、安心出来る防犯対策グッズですが、子供の成長に合わせて防犯対策グッズを取り入れる事をお薦めします。小学校に入園したばかりの子供達にお薦めなのは、ランドセルやカバンに付ける事が出来る防犯ブザーです。カバンに取り付ける際、子供がいざと言う時に正しい使い方が出来るよう、試験的に鳴らす練習をしてみるのもお薦めです。大きな音が出るので、友達同士で遊んでしまわないように注意しておきましょう。小学校高学年位になると防犯対策が可能なキッズケータイをお薦めします。緊急時にすばやく、警察や自宅に連絡が出来るのが特徴です。GPS機能も搭載されているので、子供の居場所も検索する事が可能なのでとても有効的に使えます。分別が分かる年代にはピッタリの防犯対策です。